林SPFってどんな豚?

林SPFってどんな豚?

林SPFは千葉県内9農場で生産されており、その全農場が同じ種豚(肉として出荷される豚の両親)、同じ餌を使用して生産されています。
林SPFとは?

それらの農場がSPF農場となっています。SPFとは「Specific Pathogen Free」の略で日本語では特定病原菌不在豚といいます。特定病原菌不在豚というと何のことだかわかりにくいですよね。簡単にいうと、豚の成長に悪影響を与える病気を持っていない豚のことをSPF豚といいます。(SPF豚については日本SPF豚協会のホームページも御覧ください。)

林spf

林SPFの生産農場ではこのSPF豚を種豚としてブリーダーから導入し、農場内もSPF豚を飼育するのに必要な衛生管理のもと、豚を生産しています。

この様に病気の少ない環境で飼育されることによって、病気による影響やストレスもなくスムーズにすくすくと健康的に育つのです。

生産者の愛情が豚肉の味に

そして各農場では生産者が愛情を込めて豚を飼育しています。寒がっていないか?空気はきれいか?餌はたりているか?・・・・など細かい気配りが元気にすくすく育ってくれるために重要なことです。

美味しい豚肉を生産したい、美味しい豚肉を食べてもらいたいという気持ちで生産されているからこそ、美味しい豚肉を食卓に届けることができるのです。

林SPFについてはこちらもご覧下さい。

林SPFブログ開設のごあいさつ

千葉県で40年以上、脂の甘さと安心・安全の美味しさ、林SPFポーク

林SPF

千葉県で銘柄豚を育てている養豚生産者組合「林商店肉豚出荷組合」です。千葉県香取郡東庄町を本拠地とし、千葉県内の生産者のみで「林SPF」という銘柄豚の養豚を40年以上続けています。

林SPF生産者の紹介はこちら【林SPFサイト】

2017年4月現在、千葉県の木更津市、君津市、銚子市、旭市、そして本拠地東庄町と合わせて9軒の農場(生産者)が加盟しています。

2001年からホームページを公開し、2016年から本格的にWebを使って私たち生産者の誇る「林SPFポーク」の認知を広げようと、組合自ら運営する林SPFサイト、生産者の日常を紹介する生産者投稿型のfacebook、そして私達生産者が自信を持ってお届けする精肉・加工品を販売する楽天ページのリニューアルなどなど、距離の近いWebデザイナー(製作者)と共に、私たちを知ってもらえるコンテンツを発信してきました。

おかげさまで、楽天を始め数々のご好評をいただき、今回、より私たち組合の中身を知ってもらおうと当ブログを公開する運びとなりました。

養豚生産組合による、消費者のための、新鮮で斬新なブログを目指して

しかし、私達は養豚農家、つまり「餅屋は餅屋」です。宣伝に気を取られて生産が疎かになっては元も子もありません。

だから、生産者にはより美味しい安全なお肉を作る事だけに専念していただき、飼料会社であり、養豚のお手伝いや組合の管理などをさせていただいている株式会社林商店の社員が、組合を代表して「林SPF」という豚の歴史、飼育方法や、豚肉業界の情報、豚肉の知識、取り扱って下さっているお店の紹介や、林SPF生産者(組合)の日常まで、発信できる限りの情報をこのブログから皆さまにお届けしたいと思っています!

是非、当ブログの感想や応援、豚肉についてのご相談、その他何でもコメントやシェアなどいただけたら嬉しいです!

「林SPFポーク」を既にお試し下さった方も、まだ知らないという方にも、ゆっくりではありますがこれから正真正銘の生産者の生の情報を、いろんな角度からご紹介して行ければと思っていますので、今後とも何卒よろしくお願いします!

林SPFのとんかつがTBSの番組で紹介されました!

TBSの人気バラエティ番組「ピラミッドダービー」で紹介されたとんかつ檍カレー屋いっぺこっぺの千葉産ブランド肉林SPF

人気番組で紹介されたボリューム満点の林SPF

長年林SPFを扱って下さっている東京のとんかつ激戦区蒲田の"三大とんかつ店"として、とんかつファンの間では超有名なとんかつ 檍さん。

数々のメディアで紹介されている中、またまたTBSの毎週日曜よる7時56分から放送されている人気バラエティ番組「ピラミッドダービー」という番組で紹介されました!

内容は、番組内での大好評企画「土日でどれだけ楽しめる?弾丸HIGH&LOW旅行”全国激うまカレー10選”」というコーナーで、カレーマニアが厳選した全国の激うまカレー店を紹介するというもの。

TBSの人気バラエティ番組「ピラミッドダービー」で紹介されたとんかつ檍カレー屋いっぺこっぺ

"とんかつ 檍"と並ぶ超人気店"カレー屋いっぺこっぺ"

檍さんは、今回は蒲田本店の「とんかつ 檍」としてではなく、その隣で連日とんかつ店と同じ長蛇の行列を誇る姉妹店「とんかつ檍のカレー屋いっぺこっぺ」で出演!もちろんこちらも扱っているお肉は林SPFオンリーの筋金入り人気店です!

私も林SPFの組合員として過去にいただきましたが、本当に絶品の一言です!お近くの方に限らず、カレーファン、とんかつファンの方は是非一度足を運んで食べてみてください!よろしくお願いします!

2016年1月8日にインタビューさせてもらった内容はこちら

林SPFの「一頭売り」が、日経MJ・日経新聞(電子版)に掲載されました!

林SPFを「一頭売り」として展開して下さっている千葉県の食肉加工卸会社"和喜多(ワキタ)"さんの林SPF「一頭売り」事業が日経新聞に取り上げられ、2月24日(金)に日本経済新聞(電子版)に、3月3日(金)に消費と流通、マーケティング情報に特化した専門紙”日経MJ”に掲載されました。

2017年3月3日発行「日経MJ」の切り抜き

記事の内容は、和喜多として買い付けた林SPFの枝肉に、生産者や市場が生産者情報や入荷時期、流通経路などを記した証明書を添付し、取引先(お客様)に供給する取り組みです。林SPFの流通ルートを「見える化」(トレーサビリティー(生産履歴の追跡))し、それを徹底することで商品の信用力を高め「食の安全・安心」をアピールします。

私達生産者から流通するルートを、お客様に公開することは本当に大切なことです。私達ももう一度気持ちを改め、本当に安心・安全で美味しい豚をより多くのお客様に食べていただけるように、「餅屋は餅屋」として今までと変わらず組合一丸となって生産を頑張っていきたいと思います!改めて、林SPFをよろしくお願いいたします!

日経新聞(電子版)の記事はこちら

千葉の食肉卸会社「和喜多(ワキタ)」さんのサイトはこちら

千葉県長生郡一宮町の子供たちから嬉しいプレゼントが届きました!

一宮の少年野球団の新年イベント:色紙

いつも元気付けられるのは"おいしい!"の笑顔

昨年12月の「浦安フラワー通りこども食堂」への林SPF豚肉の協賛に続き、いつも林SPFを取り扱ってくださっている千葉県長生郡一宮町の「トンテキ焼きそば つかさ」さんのご協力で、一宮の少年野球団の新年イベントであるマラソン大会に協賛として林SPF豚肉を提供させていただきました。

イベント終了後、林SPFを食べてくれた町の子供たちから、「豚肉のお礼に」と元気いっぱいに笑顔で食べている写真付きの色紙が組合に届けられました!

見てみると誤字だらけ(笑)の元気いっぱいの文字に、「美味しかった」の文字がたくさん!私たち組合にとっては何よりの贈り物です!一宮町の関係者の皆さん、そして「トンテキ焼きそば つかさ」さん、本当にありがとうございました。