林商店肉豚出荷組合とは?

林SPF-林商店肉豚出荷組合-

林SPFは安心・安全で、おいしい豚肉を目指して40年

林SPFは千葉県内の9農場が組合(林商店肉豚出荷組合)という形をとって生産をしています。

なぜ9農場がまとまって生産しているのかと思われる方もいらっしゃるかと思います。今回はどうして出荷組合という形をとっているのか?組合で活動するとどの様なメリットがあるのか?などについてお話したいと思います。

品質の良い豚肉生産を目指して

林SPFは約40年前に東庄町の養豚生産者を中心として発足しました。各農場で同じ種豚(肉として出荷される豚の両親)、同じ餌を使用して生産することにより、定時・定量・定質を守ることができます。

この定時・定量・定質を守るってどういうこと?と思われるかもしれません。養豚は工業製品とは異なり常に同じものが同じ量、生産されるわけではありません。また、餌や豚が揃っていなければ味にもばらつきが出てしまいます。

このような問題の解決のためにも組合が役に立つのです。そして組合を組む他のメリットとして、生産者間の情報交換が活発にできる点です。また、イベントの開催などを通じて、消費者の方々の声を生産現場に反映できます。

このような利点を活かして常に品質向上を目指し、組合員一丸となって頑張っています。

組合メンバーの紹介はこちらをご覧下さい。

林SPFってどんな豚?

林SPFってどんな豚?

林SPFは千葉県内9農場で生産されており、その全農場が同じ種豚(肉として出荷される豚の両親)、同じ餌を使用して生産されています。
林SPFとは?

それらの農場がSPF農場となっています。SPFとは「Specific Pathogen Free」の略で日本語では特定病原菌不在豚といいます。特定病原菌不在豚というと何のことだかわかりにくいですよね。簡単にいうと、豚の成長に悪影響を与える病気を持っていない豚のことをSPF豚といいます。(SPF豚については日本SPF豚協会のホームページも御覧ください。)

林spf

林SPFの生産農場ではこのSPF豚を種豚としてブリーダーから導入し、農場内もSPF豚を飼育するのに必要な衛生管理のもと、豚を生産しています。

この様に病気の少ない環境で飼育されることによって、病気による影響やストレスもなくスムーズにすくすくと健康的に育つのです。

生産者の愛情が豚肉の味に

そして各農場では生産者が愛情を込めて豚を飼育しています。寒がっていないか?空気はきれいか?餌はたりているか?・・・・など細かい気配りが元気にすくすく育ってくれるために重要なことです。

美味しい豚肉を生産したい、美味しい豚肉を食べてもらいたいという気持ちで生産されているからこそ、美味しい豚肉を食卓に届けることができるのです。

林SPFについてはこちらもご覧下さい。

千葉県の食肉卸会社和喜多(ワキタ)さんとの林豚肉BBQ懇談会

林SPF

先日、林SPFの加工品を作ってくださっている千葉県の食肉卸会社「和喜多(ワキタ)」さんの主催で、林SPFの生産者を招待していただき林SPFのお肉、加工品を使ったBBQ懇談会が開かれました。

詳しくはこちらをご覧ください。

林SPF:和喜多専務と生産者での記念撮影

自分たちが日頃育てている林SPFを食べながら、実際にお客様へ届けてくださっている卸会社さんに聞く話や意見交換は私達生産者にとって本当に有意義なものでした。

直に林SPFを購入して下さった販売店・飲食店様の意見や感想など本当に勉強になり、日頃の生産の充実感を感じられ、また色んな課題も見えました。

これからも豚肉生産のプロとして、消費者様へ美味しく安全な豚肉を届けられる様に日々努力していきます!和喜多さん、本当にありがとうございました!ごちそうさまでした!

千葉の食肉卸会社「和喜多(ワキタ)」さんのサイトはこちら