夏場の暑さ対策 -その1-

林SPF

暑さに負けないように

今年の夏は梅雨が長かったですが、8月に入った途端に連日厳しい暑さの日が続いています。毎日のようにテレビ等で「熱中症」の警戒情報など呼びかけています。。

夏の暑さは私たち人間も大変ですが、汗をかいて体温を下げることの苦手な豚にとってはさらに厳しいものになっています。
餌を食べる元気もなく横たわっている豚達。当然育ちが悪くなり、またストレスもかかってきます。そんな豚達を少しでも涼しくするために私達はいろいろなことをしています。

林SPF

扇風機で農場内に風を通す。

ご存知のように千葉県は海に突き出した海に接した県です。その為、内陸に比べると海からの風が冷たい空気を運んできてくれます。これを農場内に取り込むために大型の換気扇を取り付けたり、農場の中の空気を巨大扇風機で循環させたりします。
冷たい空気を豚の頭部付近にあててあげるダクトホースというものがあります。豚舎に上部に大きな筒状のホースのようなものを設置して風を送ります。豚達が過ごしやすいように、豚舎の中に少しでも新鮮な空気を取り入れたり風を通す工夫をしているのです。
林SPF

新鮮な水を十分飲める環境を作る

暑い時に十分な水を飲めるという事は基本です。まずはきれいな水を欲しいだけ飲める環境が無いと餌を食べる事さえできません。水飲みは詰まっていないか?十分に水は出るか?
基本中の基本ですが、案外きっちりできていないことの一つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です