林SPFが生産されるまで~分娩編~

分娩編

今回は以前お話させていただいた「林SPFが生産されるまで」の第二弾、分娩(林SPFがどの様に生まれてくるのか)についてです。

(前回の「林SPFが生産されるまで~交配編~」はこちらを御覧ください。)

豚は一度に何頭の子豚を生む?

豚は一般的に交配してから114日でお産します。お産が近づいてくると母豚を分娩舎(分娩する環境のととのった豚舎)に移動させ、お産に備えます。1頭の母豚から1度に生まれてくる子豚は10数頭、体重は1kg台です。

生まれた子豚はすくすくと育ちます

生まれてきた子豚は母乳を飲んで成長していきます。この時期の母豚は母乳を出すために一生懸命餌を食べ、子豚を育てます。母乳には子豚の免疫にとって重要な成分が含まれており、子豚を病気から守ってくれます。

また、子豚は成長に連れて少しずつ固形の餌を食べていきますが、最初は餌そのものに慣れさせるための餌(餌付け用飼料)を与えます。この後しばらくは母豚と一緒に生活をしていきます。

次回は林SPFが生産されるまで~離乳編~です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です