林SPFの「一頭売り」が、日経MJ・日経新聞(電子版)に掲載されました!

林SPFを「一頭売り」として展開して下さっている千葉県の食肉加工卸会社"和喜多(ワキタ)"さんの林SPF「一頭売り」事業が日経新聞に取り上げられ、2月24日(金)に日本経済新聞(電子版)に、3月3日(金)に消費と流通、マーケティング情報に特化した専門紙”日経MJ”に掲載されました。

2017年3月3日発行「日経MJ」の切り抜き

記事の内容は、和喜多として買い付けた林SPFの枝肉に、生産者や市場が生産者情報や入荷時期、流通経路などを記した証明書を添付し、取引先(お客様)に供給する取り組みです。林SPFの流通ルートを「見える化」(トレーサビリティー(生産履歴の追跡))し、それを徹底することで商品の信用力を高め「食の安全・安心」をアピールします。

私達生産者から流通するルートを、お客様に公開することは本当に大切なことです。私達ももう一度気持ちを改め、本当に安心・安全で美味しい豚をより多くのお客様に食べていただけるように、「餅屋は餅屋」として今までと変わらず組合一丸となって生産を頑張っていきたいと思います!改めて、林SPFをよろしくお願いいたします!

日経新聞(電子版)の記事はこちら

千葉の食肉卸会社「和喜多(ワキタ)」さんのサイトはこちら

千葉県長生郡一宮町の子供たちから嬉しいプレゼントが届きました!

一宮の少年野球団の新年イベント:色紙

いつも元気付けられるのは"おいしい!"の笑顔

昨年12月の「浦安フラワー通りこども食堂」への林SPF豚肉の協賛に続き、いつも林SPFを取り扱ってくださっている千葉県長生郡一宮町の「トンテキ焼きそば つかさ」さんのご協力で、一宮の少年野球団の新年イベントであるマラソン大会に協賛として林SPF豚肉を提供させていただきました。

イベント終了後、林SPFを食べてくれた町の子供たちから、「豚肉のお礼に」と元気いっぱいに笑顔で食べている写真付きの色紙が組合に届けられました!

見てみると誤字だらけ(笑)の元気いっぱいの文字に、「美味しかった」の文字がたくさん!私たち組合にとっては何よりの贈り物です!一宮町の関係者の皆さん、そして「トンテキ焼きそば つかさ」さん、本当にありがとうございました。

2月6日放送の日本テレビ『news every.』で林SPFの大人気ポークジンジャーが取り上げられました!

ニュース番組で紹介された林SPFポークジンジャー

2017年2月6日に、日本テレビおよびNNN系列各局で放送されている夕方のニュース・情報番組『news every.』にて、東京都中央区京橋にある創業65年「レストラン・サカキ」さんの「林SPF ポークジンジャー」が取り上げられました!

限定20食なのですぐに完売になることも多いそうです。確実に食べるには開店前から並ぶことをおすすめします!その他詳細は下記リンクからお願いします。

「テレビグルメ.com」の記事はこちら

その他「林SPF ポークジンジャー」情報はこちら

※2017年2月22日まで掲載していたyoutubeのリンク先動画は、動画投稿者(一般の方)への著作権侵害に関する通報が複数寄せられたため、youtubeより削除されています。ご了承ください。

茨城県で最初の林SPF取扱店「BISTRO楽魚」さんにインタビューさせていただきました!

茨城県神栖市創作居酒屋BISTRO楽魚(びすとろラッコ)

記念すべき茨城県林SPF初一頭買い店舗!

茨城県の記念すべき第一号店舗として、2016年8月から林SPFを一頭買いで取り扱ってくださっている茨城県神栖市の「BISTRO楽魚(らっこ)」さん

仕入れ始めてから4ヶ月半経った今、林SPF取扱店としてお店での反響・取り扱った感想などをじっくりインタビューさせていただきました。

予想以上の大好評だという林SPF!そんな快進撃を続けるBISTRO楽魚さんへのインタビューの詳細はこちらをご覧ください。

「浦安フラワー通りこども食堂」に参加させていただきました

浦安フラワー通りこども食堂

素晴らしい活動に、おいしいの笑顔を

11月26日(土)、ご縁があって千葉県浦安市の「浦安こども食堂コミュニティ(facebook)」さんが主催されるイベント”浦安フラワー通りこども食堂”に豚肉を提供する生産者として参加させていただきました。

当日の様子はこちらのページをご覧ください。

浦安フラワー通りこども食堂

笑顔でおしゃべりしながら美味しそうに食べてくれる参加者を見て、これからも千葉の一豚肉生産組合として「私たちはより美味しく安心・安全な豚肉を作り続けて行けば良い!」という日頃からの思いに力をもらえた気がしました。

本当に温かい、素晴らしい活動だと思います。「浦安こども食堂コミュニティ」の皆さん及び関係者の皆さん、本当にお疲れ様でした。