林SPFってどんな餌を食べている?

林SPF飼料

林SPFが食べる餌ってどんなもの?

皆さん、豚って普段どの様な餌を食べているかご存知ですか?

現在、全国の多くの養豚場では配合飼料と呼ばれる餌を給与して豚を育てています。今日はそんな餌についてお話したいと思います。

餌の原料とは?

配合飼料とは家畜の成長に合わせて、とうもろこし・大麦・小麦・マイロなどの穀類や大豆油かす・菜種油かすなどを栄養を考えて配合したものです。

また、良い肉質や脂質の豚肉を生産するため、いろいろな特徴をもった餌も製造されています。

餌はどこで製造されている?

林SPF飼料運搬車

この配合飼料は全国各地の飼料工場にて生産されています。林SPF豚が食べている餌は、主に茨城県南東部にある鹿島臨海工業地帯(神栖市および鹿嶋市)で作られています。茨城県は鹿児島県に次ぐ全国第2位※の配合飼料生産量で、鹿島には数多くの飼料メーカーがあります。千葉県は飼料工場からも近いこともあり、養豚が盛んなのです。

※農林水産省「飼料月報:平成27年度4月~3月」(平成28年5月20日)

餌は豚の成長に合わせて給与

豚は生まれたばかりの時は母豚の母乳で育ちます。その後は固形飼料に徐々に切り替えていきます。初めは母乳に近い風味がある餌で少しずつ慣れさせ、成長に合わせて配合内容を変えていきます。

林SPFは出荷前2ヶ月間はオリジナル飼料である林SPF-Vを給与しています。出荷前になると1日当り3-3.5kgの餌を食べるようになります。

生まれてからモリモリ餌を食べることで、柔らかな肉質で良質な脂の豚に成長していきます。

林SPFの給餌スケジュールはこちらをご覧下さい。

林SPF豚は無菌豚?レア(生)で食べても良い?

林SPFは無菌豚ではなく、豚肉はレア(生)では食べることができません。

林SPFからの大事なお知らせ

最近、「SPF豚 無菌豚」「SPF豚 レア」などの検索キーワードを多く見かけます。

しかし、SPF豚とは無菌豚のことではなく、豚肉はレア(生)では食べることができません。林SPF豚肉についても「無菌豚だからレア(生)でも食べられる」などといった誤解が広がっています。

SPF豚肉についてのこの様な誤解を解くため、改めてSPF豚とはどういう豚なのか、そして豚肉をレア(生)で食べることの危険性についてお話しします。

SPF豚は無菌豚ではありません

林SPF豚の"SPF"とは「Specific Pathogen Free」の略で、日本語では「特定病原体不在」となります。

林SPF豚は徹底した衛生管理のもと、自然環境下で育てられています。豚は自然の中で育つため無菌というわけにはいきませんし不可能なことです。

林SPFについて

豚肉はレア(生)では食べられません

ですから「SPF豚は無菌だからレア(生)でも食べられる」というのは大きな間違いです。

十分加熱されていないレア(生)の状態で豚肉や内臓を食べるのは、E型肝炎ウイルス感染や食中毒のリスクがあり大変危険です。豚肉や内臓は必ず中心部分まで加熱してお召し上がり下さい。

※豚肉及び内臓の生食用の提供・販売は法律によって禁止されております。詳しくは下記リンクをご覧下さい。
厚生労働省「豚肉や内臓の生食について」

林SPFが育てられている東庄町について

林SPF豚の生産地である千葉県

林SPFは千葉県内の養豚場にて生産されています。実は千葉県は全国有数の農業県なんです!さらに豚の飼養頭数は全国3位(※)という畜産県でもあります!

林SPFはこの畜産県である千葉県の東庄町・旭市・銚子市・木更津市・君津市で生産されています。今日はこの中の「東庄町」がどの様な町なのか、お話します。

東庄町は自然豊かな農業の町

そもそも「東庄町ってどこにあるの?」という方が多いかなと思います。東庄町は千葉県の北東部、利根川の河口付近にあります。隣には漁業で有名な銚子市があります。農業・畜産業が盛んで、いちご・こかぶなどの農産物や豚・牛・鶏などの畜産物が多く生産されています。

特に養豚に関しては千葉県内でも件数が多い地域です。もともと東庄町では養豚が盛んで大消費地の東京に近いこともあり、現在でも大小様々な養豚場が存在します。面積は小さい町ですが、町を歩くと幾つもの養豚場を見ることができます。

温暖な気候がよい豚をつくる

東庄町は太平洋にも近く温暖な気候で、自然が多い町です。養豚場もこの様な自然豊かな場所にあります。自然豊かな中で育つため、健康的で美味しい豚肉がつくられるのです。

Facebookではそんな東庄町での実際の生産現場の様子を見ることができます!!!

(※農林水産省「畜産統計調査(平成28年2月1日現在)」

林SPF豚肉がお店に届くまで

林SPF

林SPF豚肉はどの様にお店に届く?

前回は高田馬場の人気とんかつ店"とん久"さんについてお話ししました。

今回はそんなとん久さんを始め、各飲食店や販売店にどの様に林SPF豚肉が届いているのかをご案内したいと思います。

出荷される豚ってどのくらいの大きさ?

農場で飼育された豚は適正な体重まで育つと出荷されます。ところで、豚ってどのくらいの大きさで出荷されるかご存知ですか?

豚は生まれて約180日、大きさにすると体重110~115kgになると出荷されます。上の写真は実際の出荷の様子です。結構大きいですよね!

出荷から飲食店に届くまで

適正体重まで育った豚を選び、トラックに乗せて千葉県内の各農場から出荷されます。

都内の飲食店・販売店に届く豚は、東京都中央卸売市場食肉市場に運ばれて屠畜・解体され枝肉となり、東京食肉市場株式会社にてセリにかけられます。

林SPF出荷トラック

セリ落された枝肉は卸問屋さんにて骨を取り除き、ロースカタロースバラモモなどの各部位にわけられます。豚1頭からはロース2本がとれ、1本あたりの重量は約4.5kgあります。

こうして飲食店・販売店に適したかたちになった豚肉が問屋さんを通してお店に配送されます。

林SPF豚肉にかかせない卸問屋さん

この卸問屋さんは豚肉の品質管理にも精通し、美味しい豚肉を皆さんに提供するために重要な役割を担ってくれています。そんな問屋さんとの信頼関係も美味しい豚肉食べてもらうために大切なことなのです!

林SPF豚肉ロース

これからも1人でも多くのお客様に美味しい豚肉を食べて頂けるように、皆でしっかり手をつなぎ努力をしていきますので、宜しくお願いいたします。

林SPF豚肉取扱店についてはこちらもご覧下さい!
取扱店・販売店について

東京・高田馬場"とん久"の絶品 林SPFとんかつ

高田馬場とん久

高田馬場で大人気のとんかつ店"とん久"

高田馬場は大学や専門学校などが多く、学生の街としても知られています。高田馬場駅周辺には様々な飲食店があり、とんかつ店も多く存在します。

高田馬場駅の早稲田口を出てすぐのところにお店を構える大人気とんかつ店とん久さん!

今回はそんなとん久さんについて紹介したいと思います!

美味しいとんかつは徹底したこだわりから生まれる

駅を出て向かいのビルの地下レストラン街に入ると、美味しそうなショーケースが見えてきます。暖簾をくぐり、お店に入ると落ち着いた和の雰囲気の中、優しいご主人がお出迎え。

この日注文したのは林SPF豚肉を使用した特選ロース定食!160gのボリュームで、きつね色に揚がった衣が食欲をそそります。一口食べると口の中に脂の甘みが広がり、赤身も柔らかくジューシーです。

少し甘めな特製生ソースと香りのよいトリュフ塩が用意されており、どちらもとんかつとの相性バッチリです!また、おろしポン酢もそえられています。最後の1-2切れを味を変えて食べてもらいたいというお店の粋な計らいです。
高田馬場とんかつとん久

ご主人はとんかつの揚げ方に対して強いこだわりを持ち、今までの膨大なデータをノートに書きため、それをもとに揚げる時間・最適な温度・余熱時間を探し当てました。すべてが計算されており、調理の際の一手間二手間が美味しいとんかつを生み出すのです。

とん久と林SPFの出会い

ご主人は30年前、27歳の時に建築関係のお仕事からの脱サラで、お母様の営まれていたこのお店のあとを継ぐことになったそうです。

林SPF豚との出会いは約20年前で、東京食肉市場の広瀬商店様からの紹介によるものです。何度も林SPF豚肉を取り寄せて使ってみたところ、赤みはピンク色で霜降り状の赤みもあり、脂質のクセもなく安定していたとのことです。

高田馬場とん久

お客様からいただく嬉しい声

お客様からの感想をご主人に伺ったところ、「さっぱりしていて食べやすい」という言葉が多いとのこと。高齢の御婦人客でも特ロース(160g以上)を完食され、高田馬場へ来たら必ずよってくれるお客様や、わざわざとん久のとんかつを食べに来てくれるお客様も多いとのことです。

2016年9月にはフジテレビの「うちくる!?」でしょうが焼き定食の名店としても紹介されました。

温かいお人柄のご主人の手により豚肉が素敵な食材となり、とんかつとなって皆様に堪能して頂ければ幸いです。高田馬場へ御用の節は是非一度お立ち寄り下さい。

【とん久】
東京都新宿区高田馬場1-26-5 FIビルB1
ホームページ
食べログ