20年後の東庄町について地元の中学生と勉強会

林SPF

中学生と養豚について勉強会

「林SPF」の生産地の一つである千葉県香取郡東庄町にある東庄中学校の1年生4名と先生が、東庄町の基幹産業である農業のうち、特に主要な産業である「養豚」について質問をさせてほしいということで来社されました。

今回は地元東庄町の有限会社清水養豚の清水社長にお願いをして生徒さん達の質問に答えてもらいました。

東庄中学校では、総合的な学習の時間で「20年後の東庄町づくり」について考えており、今の東庄町を知る為に調査、質問したいとのことでした。

質問内容は、豚を育てる工夫や仕事のやり甲斐、どんな思いで育てている等でした。清水社長の思いは「育てた豚を食べてくれる消費者の皆さんが美味しいと言ってくれたり、笑顔になれる豚肉を生産していく事」ということで、中学生からの様々な質問に答えてもらいました。

林SPF

生徒さん達からは養豚や豚肉について、以下のようにいろいろな質問がありました。

Q. 育てた豚をどのような思いで消費者に届けていますか?
A. 一人でも多くの人に「林SPF」豚肉は美味しいということを感じてもらえるように働きかけをしています。
Q. 仕事のやりがいは何ですか?
A. 食べてくれる人達の嬉しそうな笑顔を見た時や「美味しかった」と言ってもらった時です。
Q. どのような工夫をして豚を育てていますか?
A. 薬をできるだけ使わないで育てるために、ストレスを与えないような飼育環境作りを心懸けています。
年に2回採血検査や内臓検査を行い、農場全体のヘルスチェックをしています。
Q. 豚を飼育するようになったきっかけは何ですか?
A. 祖父と父親と代々養豚を行っていたためその後を引き継ぎました。
Q. 豚肉の一番おいしい料理方法は?(先生から)
A. いろいろな部位それぞれに美味しさが感じられるのですが、その中でもカタロースやバラは脂の旨さが特に感じられる部位だと思います。
たまには思い切り厚切りにして焼き、味付けはシンプルに塩・コショウをしてお好みで醤油で食べてもらうのがお勧めです。
Q. SPFとは何ですか?
A.(当組合のパンフレットやホームページを見ながら説明させてもらいました。)

魅力ある東庄町のために

質問に答えたあと、こちらからも東庄町の人口減少の実態について「まち・ひと・しごと創生総合戦略」の東庄町人口ビジョンを参考資料として話をしました。

昭和60年の18,337人をピークとして平成27年には14,754人と減少し、20年後には約11,000人を割り込むのではないかとの推測もされています。 人口減少の実態について話しながら、大きくなったら東庄町にもどってきてくれるように頼みました。

この子たちが大人になって戻りたくなるような若者にとっても魅力のある町にしてゆくために、私達が努力してゆかなければならないと強く認識させられました。 子どもたちと話しをしながらいろいろ考えさせられた貴重な時間となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です