国際養鶏養豚総合展(IPPS)に行ってきました

国際養鶏養豚総合展

国際養鶏養豚総合展2018

5月30日から6月1日まで名古屋市で開催された国際養鶏養豚総合展2018に行ってきました。この展示会は養鶏・養豚における様々な器具機材や技術などが集まる国内最大級のものです。

1992年の開催以降、定期的に開催されてきて今回で8回目となります。当日は多くの来場者で賑わっており、海外からの来場者も多くみられました。

多くの器具機材や技術が展示

現在の養豚では機械化も進んでおり、様々な機材が展示されていました。海外の畜産は効率化が進んでおり、日本においても今後さらに効率的な養豚となっていくと思います。器具機材以外にも、養豚場における諸問題解決のための技術も多くありました。

また、豚の改良も進んできており、種豚メーカーの出展も目立ちました。展示スペースとは別に講演会も開催され、こちらも多くの人が参加していました。

実際に会場にていろいろな器具機材・技術にふれてみると、今後の養豚にも活かせるものも多く、とても勉強になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です