千葉県一宮町の"トンテキ焼きそば つかさ"さんに行ってきました

サーフィンで有名な一宮町にあるトンテキ焼きそば つかさ

千葉県の東部、九十九里浜に面する一宮町はサーフィンの町として有名です。2020年の東京オリンピックの開催地にも選ばれており、多くのサーファーで賑わっています。

そんな一宮町に美味しい焼きそば・トンテキのお店トンテキ焼きそば つかさがあります。元々は君津市で「恭屋」という名前で焼きそば・トンテキを提供しており、数年前に現在の場所に引っ越しました。

九十九里ビーチライン沿いにお店はあり、直ぐ側には太平洋が広がっています。お店の看板はご主人の似顔絵が描かれており、インパクトがあります。また、千葉の豚と書かれた林SPF豚のロゴマークもあります。

お店が「恭屋」であった時から林SPF豚肉を使用していただいていた「つかさ」さん。現在、一宮町で美味しい"トンテキ"や"焼きそば"が食べられるお店として、地元の方や一宮町を訪れた方たちに大人気のお店になっています。

第11回千葉デフカップの懇親会で林SPF豚肉を使っていただきました

7月8日、一宮町に隣接するいすみ市の海岸で、サーフィン大会(第11回千葉デフカップ)が開催されました。このサーフィン大会に「つかさ」さんと一緒に林SPFも協賛させていただきました。当日は天候もよく、大会は無事成功を収めることができました。

大会終了後の懇親会はもちろん「つかさ」さんで行われ、その際に使用される林SPF豚肉を提供させていただいた関係で、懇親会にご招待いただきました。

トンテキ・とんかつ豚のつかさ

参加人数は約50人!お店の中は多くの人で賑わいました。お店の看板メニューである焼きそば・トンテキの他に、唐揚げ・ポテトサラダなどをバイキング形式でいただきました。

大きなお皿いっぱいに乗せられたトンテキはあっという間に無くなりました。皆さんに林SPF豚肉の感想を伺ったところ、「脂が美味しい」「柔らかい」「すごく美味しい」と笑顔で答えてくださり、思わずこちらも笑顔になりました。

サーフィン大会で優勝された方にはご主人が厳選したロースを使用したトンテキがプレゼントされました。目の前で鉄板で焼かれるお肉の大きさにビックリ!優勝された方も美味しそうに食べていました。

林SPF豚肉の感想を直接聴くことができました

今回、「つかさ」さんでの懇親会に参加させていただき、お客様の声を直に聴くことができたことは本当に貴重な体験でした。また、本当に皆さんが美味しそうに豚肉を食べているのを見て、生産者として本当に嬉しかったです。

「つかさ」さん、デフカップ参加者の皆さん、本当にありがとうございました。

【トンテキ焼きそば つかさ】

住所

千葉県長生郡一宮町一宮10088-1

最寄駅

JR外房線「上総一ノ宮駅」から車で約10分

営業時間

11:30~14:30
17:30~21:00(ラストオーダー)

定休日

木曜日

WEB

トンテキ焼きそば つかさの食べログ

東京・豊島区にあるCafe 藤香想

藤香想

都会とは思えない自然豊かな環境

東京都豊島区の東京メトロ・要町駅を出て、大通りから住宅街への商店街を抜け、小さな看板を頼りに路地を入っていくと緑豊かな場所に"Cafe 藤香想(とうかそう)"があります。

敷地に一歩足を踏み入れると、そこは一瞬にして都会の喧騒を忘れさせてくれる緑豊かな空間が広がっています。窓の外には緑が広がり、落ち着いた雰囲気の店内でランチや色々なフード、ドリンクやデザートが楽しめます。

多くの人たちが集うCafe藤香想

このCafeにはオーナーの本橋香里さんの思いがたっぷりと詰まっています。音大出身の本橋さんは、以前から音楽の素晴らしさを広める活動をしたいという思いがあり、文化的な表現や発表、活動が交錯し、人々が集う場としてのカフェをつくりたいということで、この"藤香想"をオープンさせたそうです。

人と人とのつながりの場所にしていきたいという本橋さんの思いが伝わってくるこの場所は、カフェでもギャラリーでもライブやコンサートの会場でもあります。一度足を運んで、オーナーの本橋さんと緑豊かな空間でゆったりとしたくつろぎの時間をお過ごしいただきたいと思います。

都会の中の気持ちのオアシスとして、何度でも足を運びたくなるお店が"Cafe 藤香想"です。

【Cafe 藤香想】

住所

東京都豊島区要町1-38-11

最寄駅

東京メトロ「要町駅」1番出口から徒歩約5分

営業時間

11:30~21:00

定休日

火曜日

WEB

藤香想のホームページ  食べログ

林SPF豚肉を使っていただき15年!"巣鴨ときわ食堂"に行ってきました

ときわ食堂

巣鴨の大人気店"巣鴨ときわ食堂"

多くの人で賑わう巣鴨。そんな巣鴨随一の商店街である巣鴨地蔵通り商店街に巣鴨ときわ食堂 本店はあります。

お昼時や夕食時にはお店の前に行列ができる巣鴨ときわ食堂。今回訪問したのは平日の午後3時すぎでしたが、店内は沢山のお客さんで賑わっていました。広い店内には活気があふれ、入り口奥には開放的なセミオープンキッチン。壁には沢山のメニューが掲載されています。

巣鴨ときわ食堂

お店のこだわりが詰まったメニュー

美味しそうなメニューが並ぶ中に林SPF豚肉を使ったメニューを発見!巣鴨ときわ食堂では林SPFの"ロースカツ"・"串カツ"・"ロースカツざら"・"ロースカツ丼"・"ロース生姜焼き"があります。

今回は同行者とロースカツ・串カツ・ロースカツざら・ロース生姜焼きを注文。出来たての料理はとても美味しかったです。手間ひまかけてつくられた料理からは、お店のこだわりを感じます。

ときわ食堂林SPF

地元巣鴨の人たちに愛される林SPF豚肉

改めて店内を見渡すと様々な年代の方たちがいます。この巣鴨ときわ食堂は地元の方たちをはじめ、多くの方に愛される食堂なんだと感じました。林SPF豚肉も長年にわたって巣鴨の人たちに愛されてきたのだなと感じた瞬間でした。

巣鴨ときわ食堂には今回訪問した本店の他に庚申塚店・駒込店・駅前店があり、4店舗全てで林SPF豚肉を使っていただいています。

これからも長く長くおつきあいをさせて頂き、「巣鴨の味」のお手伝いができれば幸いです。

【巣鴨ときわ食堂】

住所

本店:東京都豊島区巣鴨3-14-20
庚申塚店:東京都豊島区巣鴨4-33-2
駒込店:東京都豊島区駒込3-3-21
駅前店:東京都豊島区巣鴨3-28-8

営業時間

10:00~23:00
(庚申塚店は土日祝のみ9:00から)

定休日

本店・駒込店・駅前店:無休
庚申塚店:水曜日

WEB

巣鴨ときわ食堂のホームページ
巣鴨ときわ食堂の食べログ
※各店舗の詳細につきましてはホームページをご確認下さい。

林SPF取扱店「KAFKA」さんが埼玉県に新店舗をオープンします

林SPF

THE PORK SHOP @ JOHNSON TOWNが6月25日オープン

木更津市で林SPF豚肉を使用しているKAFKA(カフカ)さんが、6月25日に埼玉県入間市にあるJOHNSON TOWN(ジョンソンタウン)に新店舗「THE PORK SHOP @ JOHNSON TOWN」をオープンします。

THE PORK SHOP @ JOHNSON TOWNは林SPF豚肉を使用した加工品の販売をはじめ、とんかつや餃子などの豚肉料理専門店です。昼は定食やパスタの豚肉カフェとして、夜はビールやワインを楽しめる豚肉バル、レザーグッズや生活雑貨も取り揃えた楽しいお店を目指しています。

作り手の技術と情熱を伝えるお店

JOHNSON TOWNは米軍ハウス(アメリカ古民家)・平成ハウス(現代的な住宅)などが立ち並ぶ米国風の歴史ある街です。そんなJOHNSON TOWNで「Craftman Ship」のコンセプトのもと、様々な業種の作り手の技術と情熱を伝えていくTHE PORK SHOP @ JOHNSON TOWN。是非、お越し下さい。

【KAFKA】

住所

〒292-0057
千葉県木更津市東中央2-11-1

電話番号

0438-40-5609

WEB

ホームページ
【THE PORK SHOP @ JOHNSON TOWN】

住所

〒358-0002
埼玉県入間市東町1-5-8

WEB

THE PORK SHOPのホームページ
JOHNSON TOWNのホームページ

お客様から林SPF豚肉について嬉しい声をいただきました!

林SPF豚肉ロース

林SPF豚肉についてお問い合わせをいただきました。

少し前の話ですが、神奈川県小田原市にお住まいの男性から「林SPFのとんかつ用ロースが欲しいのですが・・・・」というお問い合わせをいただきました。

東京・蒲田のとんかつ檍(あおき)さんで美味しいとんかつを食べ、自分でも"林SPF豚肉"を使用してとんかつを揚げて、家族みんなに食べさせたい!と思われたそうです。

「申し訳ないのですが、いま当組合の豚肉が品薄でネットでの精肉単品を販売できず、販売している小売店さんでのご購入をお願いすることになります。お近くで確実なのは横浜になってしまいますが?」とお伝えすると
「仕事で行くので大丈夫。行ってみます!」とのこと。

遠くから購入しに来ていただきました

食肉総合卸 肉のヤマザキ

その後、楽天市場でのネット販売でお世話になっている横浜市のお店肉のヤマザキさんに用事があり電話したところ、問い合わせをいただいた小田原市の男性が確かにお店にみえたとのことでした。

「火を通しても柔らかいですから、十分に火を通してくださいね」と声をかけると、
「わかりました、檍さんのご主人のようにはいきませんが頑張ります」とおっしゃって帰られたそうです。

小田原から横浜まで60km以上でしょうか?遠いところ、本当にありがとうございました。

これからもお客様に喜ばれる豚肉を生産します

遠くから林SPF豚肉を購入しにきていただけるお客様がいるということは、生産者として本当に嬉しいことです。

これからも多くの方に美味しい豚肉を提供できるように、頑張ってまいります。