林SPF生産者とデンマーク養豚研修にいってきました

デンマーク

デンマークでの養豚研修

9月下旬にデンマークへ養豚研修に行ってきました。なぜデンマークに?と思われる方もいると思います。実はデンマークはヨーロッパでも農業が盛んな国で、特に豚肉生産が盛んな国なのです。

デンマークの養豚とはどの様なものなのか、実際に農場を見学したりして今後の養豚経営に活かそうということで研修に行ってきましたので、その様子についてお話したいと思います。

今回はデンマークと養豚についてお話します。

デンマーク

デンマークってどんな国?

デンマークは北欧諸国の国の一つで面積は日本の九州とほぼ同じ約4.3万平方km(グリーンランドとフェロー諸島除く)、人口は約570万人です。

社会福祉の充実した国としても知られ、2017年の世界幸福度ランキングでは世界第2位となっています。首都コペンハーゲンは宮殿や歴史を感じる古い町並みが広がり、日本から観光で訪れる日本人も多いところです。

デンマークと養豚について

そんなデンマークは最初にお話したとおり養豚が盛んな国です。日本への輸出も盛んで対日輸出においては豚肉が最大の輸出品となっています。また、豚の育種改良も盛んに行われており、日本でもデンマークの養豚事情について興味を持たれている生産者が多いです。

養豚経営戸数については昔と比べて減少していますが、国全体での飼養頭数は増えて一件当たりで飼われている豚の数は増えています。これは日本でも同様です。また、アニマルウェルフェアという考え方が非常に浸透している国で、養豚場もその考え方に沿ったつくりとなっています。

次回はデンマークで見学した農場などのお話をします。

林SPFが生産されるまで~出荷編~

林SPF

出荷編

今回は以前お話させていただいた「林SPFが生産されるまで」の第5弾、出荷についてです。

出荷される豚はどのくらいの大きさ?

愛情いっぱいで育てた豚も半年経つと一人前の豚に成長します。
生まれてから約180日経つといよいよ養豚の集大成、出荷です。出荷時の豚の体重は約115kg!生まれたときが約1kg台ですから、半年で110kg以上体重が増えたわけです。

出荷に適した体重かどうかはまず人が確認します。確実に重量を確認するために豚専用の体重計を使用して計測したりもします。

林SPF

出荷するまで気が抜けません

出荷された豚は市場会社や問屋さんを経由してスーパーや小売店、飲食店へと運ばれ、提供されます。

肉質に大きな影響を与える要因として、ストレスがあります。普段の飼育環境・通路の移動・出荷の際の積み込み、そして輸送中と気が抜けません。体の割にいろいろなストレスに弱い豚。だからこそ飼育する人たちの温かい気持ちが大切になります。

林SPFの取扱店についてはこちらもご覧下さい。
林SPF取扱店・販売店について