夏場の種付作業について

林SPF

豚は暑い夏が苦手

以前、「種付けは養豚の要」というお話をしました。養豚場は肉豚の生産をしているわけですから、まず、その元である子豚が生まれなければ始まらないということです。

ですので、まずは「種付け作業」が一番初めであり、一番大事な作業なのです。
(種付についてはこちらも御覧ください。)

特に暑くなる夏場は、養豚事業者にとっては大変な時期なのです。「豚は夏の暑さが大の苦手」ということは、前にお話ししましたが、これは受精率にも大きく影響します。多くの養豚場では夏場以降の受精率が極端に悪くなる傾向があるのです。

種付けにAI(人工授精)を活用する

カテーテル

そこで、この夏場の受精率を上げるために人工授精(AI:Artificial insemination)を活用する農場もあります。

もちろん、1年を通してAIを使っている所もありますし、大手の養豚場ではオールAI(全ての種付作業を人工授精で行う)というところもあります。

私たち林SPFの組合ではSPF雄豚とSPF雌豚を農場に導入し、繁殖させる形をとっているところがほとんどですが、補助的にこのAIを使っているところもあります。

夏バテした雄豚を多用すると受精率が下がるので、夏場だけAIを補助的に使用するところもあります。

雌豚の発情を確認したら、カテーテルを使って人間が精液を注入します。暑い時期でもAI用の精液は安定しているため、受精率が上がるのです。

しかし、受精率向上のためには「発情の確認」をしっかりと行うことが前提であるため、私たち農場の人間が一番の要なのかもしれません。

林SPFが生産されるまで~分娩編~

分娩編

今回は以前お話させていただいた「林SPFが生産されるまで」の第二弾、分娩(林SPFがどの様に生まれてくるのか)についてです。

(前回の「林SPFが生産されるまで~交配編~」はこちらを御覧ください。)

豚は一度に何頭の子豚を生む?

豚は一般的に交配してから114日でお産します。お産が近づいてくると母豚を分娩舎(分娩する環境のととのった豚舎)に移動させ、お産に備えます。1頭の母豚から1度に生まれてくる子豚は10数頭、体重は1kg台です。

生まれた子豚はすくすくと育ちます

生まれてきた子豚は母乳を飲んで成長していきます。この時期の母豚は母乳を出すために一生懸命餌を食べ、子豚を育てます。母乳には子豚の免疫にとって重要な成分が含まれており、子豚を病気から守ってくれます。

また、子豚は成長に連れて少しずつ固形の餌を食べていきますが、最初は餌そのものに慣れさせるための餌(餌付け用飼料)を与えます。この後しばらくは母豚と一緒に生活をしていきます。

次回は林SPFが生産されるまで~離乳編~です。

清水養豚の林SPF豚肉でBBQ大会

藤香想

豊島区の"cafe藤香想"でBBQ大会

ゴールデンウィーク真最中の5月3日昼間、五月晴れのもと沢山の人達が豊島区の住宅街の一角にあるCafe 藤香想に集まりました。

この日は林SPF豚肉を使用したBBQ大会。肉を焼く人、それを食べる人、ビールを片手に歓談する人、それはそれはゆっくりとした休日の時間が流れていきました。

多くの人たちが集まり緑豊かな木々に囲まれた中、美味しいお肉を楽しんでいました。

"有限会社清水養豚"の林SPF豚肉を使用

有限会社清水養豚

藤香想で使用されている林SPF豚肉は千葉県東庄町にある有限会社清水養豚さんで生産されたものです。有限会社清水養豚は養豚生産にとって持って来いの場所にあります。近くには他の養豚場がないため衛生面でも恵まれており、ストレスなく豚が育ちます。

有限会社清水養豚

そんな清水さんの豚肉は、お客様にも藤香想のスタッフの皆さんにもすごく美味しいと大好評です。

有限会社清水養豚について

都会のオアシス"cafe藤香想"

都会のど真ん中にいるということをすっかり忘れさせてくれるここ"藤香想"はオーナーの本橋香里さんの癒やしの想いが沢山つまったCafeです。本橋さんは都会に暮らす人達に憩いの場を提供したいという強い想いを一人でも多くの人達にその気持を感じてもらいたいと、日々がんばっています。

皆様にも是非一度足を運んで頂きたいと思います。林SPF豚肉の料理も少しづつ増えていきます。お楽しみに!

東京・豊島区にあるCafe 藤香想

藤香想

都会とは思えない自然豊かな環境

東京都豊島区の東京メトロ・要町駅を出て、大通りから住宅街への商店街を抜け、小さな看板を頼りに路地を入っていくと緑豊かな場所に"Cafe 藤香想(とうかそう)"があります。

敷地に一歩足を踏み入れると、そこは一瞬にして都会の喧騒を忘れさせてくれる緑豊かな空間が広がっています。窓の外には緑が広がり、落ち着いた雰囲気の店内でランチや色々なフード、ドリンクやデザートが楽しめます。

多くの人たちが集うCafe藤香想

このCafeにはオーナーの本橋香里さんの思いがたっぷりと詰まっています。音大出身の本橋さんは、以前から音楽の素晴らしさを広める活動をしたいという思いがあり、文化的な表現や発表、活動が交錯し、人々が集う場としてのカフェをつくりたいということで、この"藤香想"をオープンさせたそうです。

人と人とのつながりの場所にしていきたいという本橋さんの思いが伝わってくるこの場所は、カフェでもギャラリーでもライブやコンサートの会場でもあります。一度足を運んで、オーナーの本橋さんと緑豊かな空間でゆったりとしたくつろぎの時間をお過ごしいただきたいと思います。

都会の中の気持ちのオアシスとして、何度でも足を運びたくなるお店が"Cafe 藤香想"です。

【Cafe 藤香想】

住所

東京都豊島区要町1-38-11

最寄駅

東京メトロ「要町駅」1番出口から徒歩約5分

営業時間

11:30~21:00

定休日

火曜日

WEB

藤香想のホームページ  食べログ

綱島養豚場の思いを込めた林SPFポーク看板ができました。

綱島養豚

子どもたちに食べさせたい豚肉づくり

綱島養豚場(株式会社ツナシマ)はお父さんの代から君津市で養豚場を経営しています。君津市は亀山ダム湖や最近では濃溝の滝が有名なところで、綱島養豚場は亀山ダムから程近い南東部、亀山地区の自然豊かな場所にあります。

そんな綱島さんご夫妻が昔からよく言っていたのが「子供たちに食べさせたい豚肉を作る」ということでした。「子供には安全で安心、そしてなによりも美味しいものを食べさせてやりたい」と思うのが親心。自分の子供に自信をもって食べさせられる豚肉を作り、それをみんなにも食べてほしいと常々口にしています。

地元の方たちへの豚肉販売

林SPF豚肉は好評をいただき、東京や千葉周辺では精肉を購入することができます。しかし残念ながら地元である君津市で、綱島養豚場の林SPF精肉を販売する肉屋さんがありませんでした。

そこで今から12年ほど前、先代が養豚を始めた直後から40数年お付き合いがある鴨川市の山豊商店さんに豚肉の注文を取り、ご自身の農場で生産された豚肉を奥さんが月2回地元での配達を始めました。現在のお客様の軒数はなんと百数十軒になります。

地元の方々に自分たちの生産した豚肉を食べてもらいたいとの思いが強い綱島さん。そんな綱島養豚場の豚肉を皆さん心待ちにしてくださっています。

亀山生まれ亀山育ち みんなの笑顔のまんなかに林SPFポーク

亀山生まれ亀山育ちみんなの笑顔のまんなかに林SPFポーク

地元君津でも大人気の綱島養豚場の豚肉。そんな綱島養豚場の思いを地元の方たちを始め、多くの方に知ってもらいたいとの気持ちから綱島養豚場の看板を設置しました!綱島養豚場の近くにある房総スカイラインの終点に看板はあります。

「亀山生まれ亀山育ち」の文言は、大好きな地元亀山を大切に守りたい、そしてこの場所でずっと養豚を続けていきたいという綱島さんの思いを文字にしたものです。

これからも美味しい豚肉を生産します

今はお肉屋さんで流通の研修をしているご長男も、今年9月には帰ってきて農場に入ります。おじいさん、お父さん、そして息子さんと繋がっている「美味しい肉つくり」にかける情熱!ますます頑張る綱島養豚です!!

綱島養豚場(株式会社ツナシマ)について