林SPFが食べられるお店・購入できるお店に伺ったレポートのご紹介です。

林SPFが食べられるお店・購入できるお店に伺ったレポートのご紹介です。

食べ歩き・販売店紹介レポート

林SPF食べ歩き・販売店紹介レポート

林SPFが食べられるお店に生産者を代表して訪問してきました。
ここに掲載したそれぞれのお店のご主人は、皆さん本当に心ある方々ばかり。
私達が精魂込めて育てた豚肉を、どのお店も本当に素晴らしく美味しい料理にしてお客様にご提供下さっています。是非、下記の情報を参考に足を運んでいただき、お客様自信の舌で林SPFをお試しいただけたら、 私達生産者にとってこれほど幸せな事はありません。

林SPF取扱店食べ歩きレポート

味のとんかつ 丸一林SPFが食べられるお店

今日も良い肉がありますよ

蒲田駅東口を出て商店街を抜けると、まもなくいつもの「とんかつ丸一」が見えてきた。
「今日は極上とんかつにしようかどうしようか」と考えながら暖簾をくぐり中へ入ると、いつものやさしいご主人の笑顔の出迎えで、やっぱり「丸一」にきたら「極上とんかつ」しかないと決めました。ご主人に注文をして、「今日も良い肉がありますよ」との言葉に、期待はますます膨らみます。
目の前で大きな鍋の中に、その前で食事をしていた女性がビックリするほどの大きな肉が、そっと油の中に沈められました。手際よくたくさんの注文をさばいてゆくご主人の動きを感心して見ていると、いよいよ私の大きな塊が油から持ち上げられ顔をだしました。

極上とんかつ

まな板に乗せられたその塊に包丁を入れてゆきます。
「サク、サク」と、なんともいえない音とともに中のピンク色の豚肉が現れました。これが「丸一」のこだわりの揚げ方なのです。ご主人が選び抜いた豚肉と、こだわりの揚げ方が「極上とんかつ」のうまさを最高に引き出します。
食べ方は、塩でも、特製ソースをかけてもよし。あとは、ゆっくりと本物の「とんかつ」を堪能します。脂のうまさと赤肉のやわらかさ、それを包んでいるコロモが一つの味となって口の中に広がってゆきます。

ご馳走様でした

あっという間に、大きなとんかつは目の前から消えてなくなりましたが、そのかわり私の中には幸せな気持ちがいっぱいになりました。私達の育てている豚たちが、毎日たくさんのお客さんにたっぷりと幸せを与えているとしたら、生産者としてこれほど嬉しいことはありません。「丸一」のご主人とお客様に心から感謝をしながら、今日も家路につきました。
本当に、ご馳走様でした。

アクセス

味のとんかつ 丸一

住所

〒144-0052 東京都大田区蒲田5-28-12

最寄駅

JR蒲田駅東口 徒歩5分
京急蒲田駅 徒歩5分

電話番号

03-3739-0156

WEB

味のとんかつ 丸一の  食べログ

とんかつ とん久林SPFが食べられるお店

高田馬場で大人気のとんかつ店"とん久"

駅を出て向かいのビルの地下レストラン街に入ると、美味しそうなショーケースが見えてきます。暖簾をくぐり、お店に入ると落ち着いた和の雰囲気の中、優しいご主人がお出迎え。

この日注文したのは林SPF豚肉を使用した特選ロース定食!160gのボリュームで、きつね色に揚がった衣が食欲をそそります。一口食べると口の中に脂の甘みが広がり、赤身も柔らかくジューシーです。少し甘めな特製生ソースと香りのよいトリュフ塩が用意されており、どちらもとんかつとの相性バッチリです!また、おろしポン酢もそえられています。最後の1-2切れを味を変えて食べてもらいたいというお店の粋な計らいです。

ご主人はとんかつの揚げ方に対して強いこだわりを持ち、今までの膨大なデータをノートに書きため、それをもとに揚げる時間・最適な温度・余熱時間を探し当てました。すべてが計算されており、調理の際の一手間二手間が美味しいとんかつを生み出すのです。

とん久と林SPFの出会い

ご主人は30年前、27歳の時に建築関係のお仕事からの脱サラで、お母様の営まれていたこのお店のあとを継ぐことになったそうです。林SPF豚との出会いは約20年前で、東京食肉市場の広瀬商店様からの紹介によるものです。何度も林SPF豚肉を取り寄せて使ってみたところ、赤みはピンク色で霜降り状の赤みもあり、脂質のクセもなく安定していたとのことです。

お客様からいただく嬉しい声

お客様からの感想をご主人に伺ったところ、「さっぱりしていて食べやすい」という言葉が多いとのこと。高齢の御婦人客でも特ロース(160g以上)を完食され、高田馬場へ来たら必ずよってくれるお客様や、わざわざとん久のとんかつを食べに来てくれるお客様も多いとのことです。

2016年9月にはフジテレビの「うちくる!?」でしょうが焼き定食の名店としても紹介されました。温かいお人柄のご主人の手により豚肉が素敵な食材となり、とんかつとなって皆様に堪能して頂ければ幸いです。高田馬場へ御用の節は是非一度お立ち寄り下さい。

アクセス

とんかつ とん久

住所

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-26-5 F・IビルB1F 地下レストラン街

最寄駅

JR高田馬場駅早稲田口 徒歩1分

電話番号

03-3209-3900

WEB

とんかつ とん久のWebサイト
とんかつ とん久の食べログ

とんかつ 武信林SPFが食べられるお店

「林SPF」の認定証と楯

入口の大きなのれんと生花の飾り付けで迎い入れられ、中に入っていくと、「林SPF」の認定証と楯がきちんと飾られていました。1階はテーブル席、2階には個室と畳の部屋があり、宴会もできます。個室にも奇麗な花が飾られ、落ち着いた空間を演出しています。黒いテーブル、椅子というシックなたたずまいで、壁はコンクリートのうちっぱなしというコントラストが素晴らしく、雰囲気の良いお店です。

こだわりの"米油"

長野県出身のご主人のお話から、とんかつに寄せる並々ならぬ思いを聞かせてもらいながら、「このように丁寧に料理をしてもらえたら豚も本望なのではないかなあ」と思いました。とんかつを揚げる油も、ご主人こだわりの"米油"です。後味が軽く、200gのロースカツを食べても全くしつこさがありませんでした。ソースはとんかつソースとしては意外なほどサラッとしています。これが不思議なことに、とんかつの衣によく絡んで、肉の旨みを一層ひきたててくれます。

美味しいとんかつを是非

豚肉、油、ころも、ソース、キャベツ、ドレッシング...全てにご主人のこだわりは徹底していました。
私達も「武信」のご主人のこだわりにひけをとらないように、美味しい豚肉を生産していこうと思いました。
皆様も一度立ち寄って、この美味しいとんかつを是非食べてみてください。東京渋谷区には息子さんの経営されている「武信分店」があります。本店「武信」のこだわりを継承し、プラス新しい感覚でつくられたお洒落な店です。こちらにも、是非お立ち寄りください。

アクセス

とんかつ 武信

住所

〒214-0036
神奈川県川崎市多摩区南生田4-12-5

最寄駅

小田急線生田駅から
市バス鷺ヶ峰営業所前行き乗車
南生田4丁目または生田高校前下車 徒歩2分

電話番号

044-976-0477

WEB

とんかつ 武信の  WEBサイト

山海料理 たきしま 林SPFが食べられるお店

赤いのぼり旗

千葉県の房総半島のほぼ真ん中あたりに、亀山湖があります。木更津駅からその「亀山湖」にのびる久留里線ののんびりとした車窓を眺めて、約1時間で「上総亀山駅」に到着します。改札口の反対側を見ると、赤いのぼり旗がたっているのが見えますが、そこが「たきしま」です。

絶品豚しゃぶ鍋、しょうが焼き

ここでは、林SPF豚のロース肉を重ねて揚げたトンカツを食べることができます。独特の食感で、脂の旨みが幾重にも出てくる感じがたまりません。また食べてみたくなる驚きの味です。豚しゃぶ鍋や、しょうが焼きなども絶品です。でも、どうして「たきしま」さんが豚肉料理にこんなにこだわっているのでしょうか?
それは、「たきしま」さんから車で15分ほどのところに私共の組合員の一人の綱島養豚があるからです。綱島養豚は、母豚200頭と肉豚2,000頭を飼育している養豚場です。モットーは「自分の子供に食べさせたい豚肉づくり」です。

こんなに素晴らしい料理に

「安心・安全、美味しい」豚肉を、まず地元で食べて欲しいとの思いで紹介をしてからのお付き合いです。「たきしま」のご主人も奥様も綱島さんの豚肉に惚れ込んでいます。生産者と料理をする方の信頼関係と思い入れが一緒になると、こんなに素晴らしい料理になるんだとつくづく感心します。
皆さんも「たきしま」で、綱島さんご夫婦が丹精こめて育てた「林SPF豚」を是非ご賞味ください。房総の大自然を満喫しながら、絶品とんかつや美味しい料理を味わってみてください。

アクセス

山海料理 たきしま

住所

〒292-0531
千葉県君津市藤林101-1

最寄駅

JR久留里線上総亀山駅 徒歩1分

電話番号

0439-39-2188

WEB

山海料理 たきしまの  WEBサイト

老舗洋食屋 東洋軒林SPFが食べられるお店

店舗

小江戸佐原の街中に溶け込んで静かにそっと立っているシックで上品な店舗、中に入るとビックリ。 レイアウトが良い。
カウンターとテーブル、落ち着いた雰囲気の素敵な空間をかもしだしている。

インディアンライス

メニューを見ていたら、名前に惹かれた。どんなものか自分で想像してみた。インディアンを思い浮かべてもなかなか出てこない。そこでどんなものか急に食べたくなり注文した。出てきたらビックリした。黄色のカレーピラフ、ピリッとした辛さ、そして豚肉のしょうが焼き、これがまた柔らかくジューシーでとても美味しい。
ちなみにいつ頃からメニューとしてあるのか聞いたら、ずっと以前からあり、名物メニューになっているとのことでした。
今度妻を連れてきて、食べさせてあげよう。

カツ丼

ここのカツ丼が好きで、もう30年前から食べている。半熟卵を落としたところが他のカツ丼と違う。
今日は久しぶりにカツ丼を食べて驚いた。カツが以前とまったく違う。厚くて柔らかくジューシーで、これがカツ丼のカツかと思うほどである。カツ丼はカツが命である。

ポークジクセル

カツを卵焼きで包んだもの?
これもカツの美味しさ・柔らかさが際立っていました。

アクセス

創業大正15年の老舗洋食屋 東洋軒

住所

〒287-0003 千葉県香取市佐原 イ593

最寄駅

JR成田線 佐原駅南口より 徒歩約7分

電話番号

0478-52-9141

WEB

老舗洋食屋 東洋軒の  WEBサイト
老舗洋食屋 東洋軒の  食べログ

林SPF販売店紹介レポート

肉のヤマザキ林SPFが買えるお店

枝肉から分けた新鮮なお肉

東横線「大倉山」駅下車徒歩5~6分、渋谷方面に戻るように歩いて行くと商店街のなか、右側に「肉のヤマザキ」があります。
もちろん豚肉は「林SPF」が置いてあります。横浜食肉市場で、ご主人が、これはという骨付き枝肉に目をつけセリ落としたものを、店内の奥にある冷蔵庫で、この“枝肉”の状態で約1週間保管をします。
1週間後、枝肉から丁寧に骨を抜き、各部位に分けてゆきます。最近では、このように自分で骨抜き作業をする専門店さんがものすごく減ってきています。豚肉に対する愛情はこの作業を通して更に湧いてくる・・とのことです。
このように、市場で厳選して、さらに大事に扱ってもらった肉が、店頭にきれいに並んでいます。「肉のヤマザキ」さんのご家族の温かな雰囲気のお店のなかで、「林SPF」は皆様のご来店をおまちしています。

アクセス

肉のヤマザキ

住所

〒222-0003
神奈川県横浜市港北区大曽根1-26-1

最寄駅

東急東横線大倉山駅より徒歩約10分
大倉山駅から703m

電話番号

045-542-5529

WEB

肉のヤマザキの  食べログ

山豊肉店林SPFが買えるお店

昔ながらの街のお肉屋さん

鴨川市のJR安房鴨川駅からほど近い商店街のなかに、「昔ながらのお肉屋さん」というにピッタリの創業55年の「山豊肉店」さんがあります。ご主人が小学校の時に始まったこのお店も、地元のお客さんのみならず遠方からも美味しいお肉を求めてみえる皆さんに支えられてすでに50年以上たったそうです。
「林SPF」との出会いがなかったらもう肉屋をやめていたかもしれないというほど、ご主人の「林SPF」豚肉によせる思いはとても強いものがあると感じました。

熟成期間の旨み成分

君津市にある綱島養豚のお亡くなりになった先代の時からのお付き合いで、その真面目な豚肉つくりの姿勢に強く影響され、店頭におくようになったそうです。豚肉つくりへのこだわりやその真面目さは、息子さん(綱島良信さん)にバトンタッチされても全く変わっていません。
良信さんご夫妻の豚肉つくりのモットーは、「自分の子供に安心して食べさせられる豚肉つくり」です。より安心で安全な豚肉つくりに日々努力をされています。その綱島さんの生産した「林SPF」を枝肉(写真)のまま冷蔵庫で一週間保存をして、丁寧に骨を抜いてゆきます。
この一週間でお肉が熟成されてさらに美味しいお肉になってゆきます。この時間をかけるところが、「昔ながらのお肉屋さん」の真骨頂です。スーパーで売られている豚肉にはこの熟成期間がありません。当然、熟成期間に骨からでてくる旨み成分もありません。

ご主人のこだわり

写真のように、小さい女の子がお母さんに頼まれてお肉を買いに来る光景は、「山豊肉店さん」では珍しいことではありません。
このように「豚肉と生産者の気持ち」に惚れこんで頂ける「街のお肉屋さん」があってはじめて消費者の方に生産者の気持ちが伝わるわけです。
これからも「山豊肉店」のご主人、奥様に「美味しい、林SPF豚肉」を多くの皆さんに紹介をして頂きたいと思います。

アクセス

山豊肉店

住所

〒296-0002
千葉県鴨川市前原5

最寄駅

安房鴨川駅から494m

電話番号

0470-92-1190
  • 林SPFのかんたん&おいしいレシピ
  • お肉のご購入はこちら
  • 林SPFのQ&A
  • ご注文ガイド 商品のご注文はこちら

林SPFブログ

楽天市場「林SPF」店。贈り物に大人気!!林SPFが誇る最高級品"極み"大好評発売中!詳しくはこちらをクリック

楽天市場「林SPF」店。とことんまでこだわり抜いた、本当のハム・ソーセージのおいしさをあなたに♬

林SPFが千葉テレビの人気番組「ナイツのヒット商品会議室」にて紹介されました!全4回の放送はこちらからご覧いただけます

  • 林SPFのこだわり
  • 商品のご紹介
  • 生産者のご紹介
  • 身体へのメリット
  • 林SPFのかんたん&おいしいレシピ
  • 取扱店インタビュー
  • 商品のご購入
  • 商品のご注文ガイド
  • お客様の声
  • 林SPF商標ロゴ
  • 清浄豚 林SPFシール
  • SPF豚肉のパイオニア はやしSPFシール
  • 旨さが多彩チバザポーク

    旨さが多彩チバザポーク

    林SPFは「チバザポーク」に
    加盟しています。