林SPF勉強会を開催しました

林SPF

定期的な勉強会の開催

毎日養豚場での仕事をしていると、いつも行っていることが当たり前になってしまいます。この「当たり前」は良いこともあれば、悪いこともあります。

自分たちが行っていることが果たして正しいことなのか?もっと効率が良くて、豚のためになるやり方があるのではないか?理屈に合った育て方をしているか?などを客観的に見るためにも勉強会を実施しています。

月2回行う林SPF出荷会議

私達「林SPF」では月2回、「出荷会議」を行っています。今回開催した勉強会は出荷会議に合わせて行いました。出荷会議とはその名の通り、グループで各市場に肉豚を出荷する頭数を個々の農場で割り振るために集まる会議です。月の後半の会議で翌月の出荷予定を決定し、翌月初めに頭数の微調整を行います。

豚は生き物であるため、出荷予定を決めてもなかなか思い通りにいかない場合もあります。そのため月初めの会議で調整を行うのです。

林SPF

出荷会議はみんなの意見交換の場

私達林SPFは全部で9軒の養豚場で成り立っています。同じSPF豚を使って同じ餌を食べさせていますが、千葉県各地(東庄町・銚子市・旭市・君津市・木更津市)で立地条件も違えば規模も違います。

出荷会議ではそんな各農場の意見交換をしたり、林SPFの品質を維持する新しい取り組みなどについて話し合ったりします。

今後も林SPFの品質向上のために、この様な勉強会を定期的に開催していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です